口紅 オススメ

MENU

47歳 マットすぎたり、こすぎる発色の口紅

長年口紅選びは苦労がありました。

 

20代の頃大学生だった私の周りでみんながこぞってつけていたのがイヴサンローランの19番です。

 

ショッキングピンクと紫の中間のようなとても発色の良い、わりにマットに仕上がるインパクトのあるカラーの口紅でした。

 

ただこのイブサンローランはこれに限らずフレグランスがとてもつよいので、塗るたびに香水を食べているような感覚に陥るくらい強いものです。

 

大学在学中はこのイブサンローラン一本やりでした。

 

香料ときつい化学成分を長年付けていたせいなのか、唇のふちがかぶれるようになって、口紅をぬっても乾燥と荒れとで皮がめくれてしまう始末となりました。

 

それ以降はメンソレータムの薬用リップをつけてその上に口紅を塗っていましたが、悪化する一方。

 

そのうちあきらめて薬用リップしかつけなくなりました。

 

就職して、薬用リップではごまかせなくなって、そのころ頻繁に出だしたグロスを使うようになりました。

 

発色は口紅にはかないませんが、唇の荒れは防げるようになりました。

 

それ以来、口紅はほんの少しだけ唇のふちを避けて塗り、グロスを上から塗って、メイクをするようになりました。

 

アテニアのプライムルージュは色の種類が豊富

アテニアのプライムルージュは20色の展開があって、どれも黄色の日本人の肌によくなじむ中間色が多く、自然な仕上がりになるよう工夫されています。

 

色の配色にもピンク系が少し配合されていて、そのせいで唇のくすみをカバーしきれいな発色に導いてくれます。

 

とくに年齢を重ねた年代にオイル成分が体温で溶けるため、唇にできた年齢による立てしわもふっくらと見せ、つややかな唇を演出してくれます。

 

アプライムルージュのキャッチコピーにもはっきりと「若いころの口紅が似合わなくなっていませんか」のようにターゲットは明らかに40代以降の年齢を重ねた女性向けで、初めての方限定3本セットのクレンジング付きがとても好評でした。

 

注目したいのは着け心地、スルっと滑らかに伸びるので、着け心地はとても軽くて良い感じです。また口紅独特のフレグランスもなく鼻につきません。

 

長く続く保湿成分のオイルで一日中ぷるぷるの唇で過ごせます。

 

もちろん皮がむけることはありません。

 

薄いピンクのグロスと重ねたりして配色を楽しむのもいいと思います。